思想および世相に関する諸々のコメント


by msaicc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

思想遍歴 (その3)

”衆議院選挙”、”巨大ハリケーン『カトリーナ』”、それに”価値無き神の哲学”への関与…といった、一連の事態によって当該日記の基本的な思索の流れがしばらく”割込み”状態に陥っていましたが、ようやく本来の流れをとり戻しつつ回復にむかっていることは何よりです。

1981年(30才のとき)最初のうつ病を体験しましたが、1990年1月(42才のとき))、二度目の強烈なうつ病を経験しました。その後、自分の思考と思索は宗教や文学、哲学だけでなく、言語学(丸山圭三郎)、AI(人工知能;長尾真、)、認知科学、認知工学、知識ベース、知識処理、意味処理、意味論、意味論的空間トポロジーといった諸の専門分野の研究に没頭することになりました。また、上記の専門分野での学問に加え、2000年から2005年にかけてハイデッガーの『ヘラクレイトス』について約10000回の反復した読書により、その『ヘラクレイトス』という著作を自分のものにすることができました。 実に『キルケゴールの全著作集』を読破するより10倍もの時間とエネルギーがたったこの1冊に費やされたのです!

『ヘラクレイトス』について、解説はするつもりはありませんが、内容的には”空海の世界”、”ウパニシャッドの哲学”、”ヴェーダの世界”などに近いもの感じました…。要するに、極めて非西洋形而上学的な思想であるということなのです。

直感としての私の印象は”西洋形而上学”そのものの根底が終焉しつつあるようなそんな印象を受けたのですが、これからの歴史がどのような方向に人類を向わせるのか、興味は尽きないものがあります。また、インドのこれからの技術的、経済的発達及び発展が人類全体に何をもたらすか、これにも興味を擁いているものです。

要するに、何が言いたいかと言えば、欧米が中心となってこれまで引っ張ってきた物質文明、技術文明、西洋形而上学そのものの妥当性が揺らいでいるというこのことなのです。

比喩的に述べれば、最も西洋形而上学的なものが西洋形而上学的なものを廃絶させる…というこのゲーデル的な矛盾、このことにある種のアイロニーを感じない訳にゆきません。
[PR]
by msaicc | 2005-09-18 23:59 | 思想