思想および世相に関する諸々のコメント


by msaicc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:哲学( 4 )



  『ヘラクレイトス』 ハイデッガー全集55(創文社)からの触発より

小学生5年生のとき(昭和35年)、はじめて『パスカル(パンセ)』 (世界の大思想:河出書房)と出会って以来、フロイト全集(日本教文社)、ニーチェ、ソシュール、フッサール、ハイデッガー…といった一連の思想家と対話してきましたが、本格的にハイデッガーの著作に取組んだのは2000年から2005年(今年)の3月ごろまでです。有名な『存在と時間』についてはあまり深く読むことはしませんでした。(基本的にキルケゴールの思想のかなりの部分がそのまま踏襲されているだけだから…という印象を持っていましたから) 逆に、1980年から2000年まではキルケゴール、ニーチェ、フッサール、フーコー、サルトル、フロイト、ユング、ビンスワンガー、ミンコフスキー、ドストエフスキー、カフカ、あるいは田川建三(ほぼ全著作を読む)、八木誠一、滝沢克巳、あるいは丸山圭三郎(ほぼ全著作を読む)といった一連の著者の作品との対話が中心でありました。
 
そして、丸5年の歳月、述べ10000回ぐらいに渉る読書の反復により、『ヘラクレイトス』という書物が自分にとってどのような書物なのであるのか…ということが少しだけわかってきたような
そんな気がしましたので、ここにそれを展開させて頂いている訳です。
[PR]
by msaicc | 2005-08-23 19:44 | 哲学
 ヘラクレイトスのこころを理解するということは、古代ギリシャの思想をその原初に溯って理解することを意味し、そのことは古代ギリシャの思想だけでなく、古代インド、古代中国、古代エジプト、古代ペルシャ、古代アッシリア、古代アスティか、古代インカ…といったもろもろの古代文化、古代文明の思想、哲学、宗教を理解することにも暗黙につながっています。

 脳科学、神経科学といった一連の最先端の科学技術を論じることは、逆に、デネット、ドーキンス、チャーマーズ、ミンスキー、ホフスタッター、から、フッサール、ソシュール、ハイデッガー、ニーチェ、キルケゴール、カント、デカルト、パスカル、…、プラトン、アリストテレス、ヘラクレイトス、デモクリトス、ウパニシャッド、ヴェーダ、…、シャーマニズム、アニミズムといった思想にまで溯りつつ現代の最先端の分野へと円環運動することでもあります。


           (哲学日記:エキサイト):AI、人工知能、神経科学、
              / ↑     \
(哲学日記:ウェブリブログ)← → (哲学日記gooブログ):心理学、精神医学、   
  ↓           \ ↓     /   
文学、小説、その他  (哲学日記:ライブドア):世相、哲学、政治、宗教、歴史、 


 当該ブログは他の一連のブログと互いに相補関係になっており、それぞれ独自の守備範囲が与えられていますが、このエキサイト・ブログでの”哲学日記”においては、最先端の”AI”、”人工知能”、”機械翻訳”、”認知科学”、”認知工学”、”認知心理学”、”脳科学”、”神経科学”、”意味論”、”意味処理”、”知識処理”、”知識ベース”、”認識モデル”、”学習モデル”、”記憶モデル”、”発見モデル”、”生成モデル”…といったことがらを中心として議論を展開するつもりです。

※尚、このブログを参照される方は以下の人物の思想を基本的に理解されていることを前提としています。

哲学について:
ヘラクレイトス、ニーチェ、キルケゴール、ハイデッガー、フッサールなど

言語学について:
ソシュール、故丸山圭三郎、前田英樹(『沈黙するソシュール』)、など

キリスト教について:
田川建三、八木誠一、故滝沢克巳、秋月龍眠などの一連の著作

心理学:
フロイト、ユング、ドストエフスキー、カフカ、ジョイス、エンデ、ル・グウィン、その他

精神病理学:
ビンスワンガー、ミンコフスキー、アードラー、ブロイラー、木村敏その他

以下に関連ブログを示します:

■ エキサイト・ブログ
http://msaicc.exblog.jp/
(AI、脳科学、神経科学、機械翻訳、その他)
■ ライブドア・ブログ
http://blog.livedoor.jp/msaicc/
(宗教、歴史、政治、哲学、その他)
■ ウェブリブログ
http://msaicc.at.webry.info/
(文学、小説、ファンタジー、その他)
■ gooブログ 
http://blog.goo.ne.jp/msaicc/
(心理学、精神医学、脳科学、神経科学、その他)
[PR]
by msaicc | 2005-08-23 00:07 | 哲学
今、私たちはどこにいるのでしょうか?

衆議院の解散、小泉劇場の始まり…といった一連の出し物が展開されています。この笑劇の顛末がどのような結末を迎えるのかまだ誰もわかりませんが、仮にどのような結果になるにしてもいずれ予想されることは、

 1)増税、
 2)憲法改訂、
 3)靖国問題
 4)全体主義的傾向への拍車…

といったことがらではないでしょうか?

戦後60年が経過した現在、ブタのような人間ばかりになってしまった私たちの国、いや、地球全体の人間までもが物慾、金銭欲、権力慾、名誉慾…といったものの虜になっているようなそんな状況ではないでしょうか。
  
決して繰り返してはならないはずのあの”過ち”へ、私たちはどうも盲目的に向かっているような
そんな気がしてならないのですが…
[PR]
by msaicc | 2005-08-22 23:50 | 哲学
”決シテ没スルコトノナイ者ヲ前ニシテ、ヒトハドウ身ヲクラマスコトガ出切ルトイウノダ”
                                     断片16より

 始めまして。 とうとう思想ブログに着手してしまいました。これからこれがどのように展開してゆくか分かりませんが、ご指導の程宜しくお願い申し上げます。

                           吉田正司(ヨシダ マサジ゙)


関連ブログ:

 ライブドア・ブログ
http://blog.livedoor.jp/msaicc/
( 宗教、歴史、文化、哲学、その他 )
 gooブログ
http://blog.goo.ne.jp/msaicc/
(心理学、精神医学、その他  )
■ ウェブリブログ
http://msaicc.at.webry.info/
(小説、文学、作品、その他 )
エキサイト・ブログ
(人工知能、脳科学、神経科学、意味処理、知識処理、その他)
[PR]
by msaicc | 2005-08-21 09:54 | 哲学