思想および世相に関する諸々のコメント


by msaicc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

システム処理、記号処理、意味処理、知識処理、発見モデル、生成モデルといった一連の処理のなかで、意味論的空間トポロジーとは意味処理の中枢となる根本的な概念である。

『意味論的空間トポロジー』の内容

     目  次

序論の序(創出の過程)

序論(予備的考察)

第1章 測定d vs 測定α

第2章 距離の概念

第3章 近傍と近傍系

第4章 被覆とコンパクト性

第5章 特異点(特殊概念空間)

第6章 関係概念の抽象化

第7章 誘導空間

第8章 基本近傍系、フィルタ基、(フィルタによる生成系)
     
第9章 射影的極限、

第10章 帰納的極限

第11章 指向性と指向性群(ミーム、ミーム群)

※ その他の課題:

   ■意味論空間における、群、環、帯の概念。

   ■意味処理と変換群、置換群、交換群、回転群との関係

   ■位相群、部分位相、局所コンパクト、その他の概念と意味処理

意味論的空間トポロジー
[PR]
by msaicc | 2005-10-03 00:24 | 人工知能
人工知能、意味処理、知識処理、脳科学、神経科学といった一連のキーワードが巷に溢れるようになってからどのぐらいの歳月がながれたのでしょうか。

さて、この最先端の分野で、誰がどのような”飛躍”を遂げているのでしょうか。アメリカでも、日本でも、またヨーロッパでもこの分野で決定的なブレークスルーがなされたということは訊いておりません。

わたくしは20年ほど前、『ゲーデル・エッシャ・バッハ』を数日で読破したあと、そこで議論されていたいくつかの決定的に重要な概念についてずうっと研究してまいりました。そして、とうとう、>意味論的空間トポロジーとい新しい概念を創出するにいたりました。

ここでは、その概略をごくかいつまんでご紹介します。
 
わたくしが提案する人工知能システムは、電子シソーラス・システムとしてのAIシステムです。このシステムはもろもろの機械翻訳システムからの要求に応えて、本格的な”意味処理”を提供する”類語辞典システム”でもあります。もちろん、人間からの翻訳ニーズにも応えられシステムです。そのシステムの名前をICCシソーラスと呼んでいます。

この”ICCシソーラス”は、本格的AIシステムであることを意識して設計されたシステムですが、それを可能にするいくつかの処理概念として、”システム処理”、”記号処理”、”意味処理”、”知識処理”、”発見モデル”、”生成モデル”、”世界認識モデル”という単位にまとめられています。

システム処理、記号処理、意味処理、知識処理、発見モデル、生成モデルのそれぞれについてはこれからこのブログですこしづつご紹介させていただきます。

これらの概念はすべて”基本設計概念”というドキュメントに収められいます。したがって、少しづつみなさんにもその内容をご紹介させていただきますのでご期待ください。ただし、ドキュメントの性質上、著作権に関るものが多々ございますので、引用、リンクおよびTRB等に際しましては十分ご注意願います。

基本ドキュメント:

■ 基本設計概念Ⅰ(全体構成)
■ 基本設計概念Ⅱ(システム処理)
■ 基本設計概念Ⅲ(記号処理)
■ 基本設計概念Ⅳ(意味処理) -------> 意味論的空間トポロジー
■ 基本設計概念Ⅴ(知識処理)
■ 基本設計概念Ⅵ(発見モデル)
■ 基本設計概念Ⅶ(生成モデル)

個別ドキュメント:

■ 格概念
■ Zシステム
■ ZZシステム
■ 概念の抽象化
■ 処理の抽象化
■ エージェント論
■ B概念、B空間
■ フレームの概念
■ 意味論的空間トポロジー
■ YS理論(吉田ソシュール理論)
[PR]
by msaicc | 2005-10-02 09:55 | 人工知能